2021年07月31日

シビック(FK7) オイルメインテナンス

210731-2.JPG
シビック(FK7)に乗られるMさんよりサーキット走行に向けてエンジンオイル&オイルフィルター交換依頼がありました。

エンジンオイル・・・・・Moty's M111
オイルフィルター・・・・エコACF

7月の「おわらサーキット」での走行のあとミニツーリングで「道の駅 たいら」まで走行され、8月中旬に「おわら サーキット」を再び走られると言う事で、本日オイル交換となりました。
先日のおわら走行でかなり良い感触を持たれたそうで、次回のおわら走行では「1分切りを目指して走ってきます」と、宣言されました。

今の勢いであれば、1分切りは早々に達成されそうですね。






中田自動車 Nakada Automobiles japan

〒939-0321
富山県射水市浄土寺104-14

TEL 0766-57-8701 / FAX 0766-57-8702
H / P : http://www.nakada-auto.com/
posted by アムロジン at 21:58| Comment(0) | クルマ作業

2021年07月30日

ランサーエボX(CZ4A) リコール

210730-1.JPG
デモカーのランサーエボリューションX(CZ4A)のリコール作業があり三菱ディーラーより帰ってきました。

https://recall.mitsubishi-motors.co.jp/Recall/displayselect.do?orderno=13531

今回の内容は
「デリカD:5、アウトランダー、ギャラン、ランサーエボリューションX、RVRの電気装置、ヒーター・エアコンについて」です。

@
前照灯や窓ふき器などを制御するETACS ECU内部の電子部品の製造が不適切なため、 電子部品の抵抗値が増大することがあります。 そのため、ETACS ECU内部の電圧が不安定になり、最悪の場合、ETACS ECUの機能が停止して、 前照灯が点灯中に消灯したり窓ふき器が作動不良となるおそれがあります。

***
ETACS ECUの内部にエアコンの作動をON/OFFさせる回路が組み込まれており、今回のリコールでETACS ECUが交換されたため、回路をONの状態に設定して頂きました。



A
ブロワモータの製造が不適切なため、 モータ内部のシャフトと軸受の芯がずれた状態で組み付けられたものがあり、シャフトと軸受が異常摩耗することがあります。 そのため、そのままの状態で使用を続けると、シャフトと軸受が固着し、最悪の場合、ブロワモータが作動停止して、 デフロスタが機能せず安全な視野を確保できないおそれがあります。

***
ブロアモーターも不適切部品であったそうで、対策品と交換されました。



cz4aリコール-1.bmp
現在5つのリコールが該当しており全て終了しましたが、これ以上のリコールが出ないことを祈ります。






中田自動車 Nakada Automobiles japan

〒939-0321
富山県射水市浄土寺104-14

TEL 0766-57-8701 / FAX 0766-57-8702
H / P : http://www.nakada-auto.com/
posted by アムロジン at 21:10| Comment(0) | デモカー日記 (CZ4A)

2021年07月29日

アリスト(JZS147) オイル交換

210729-1.JPG
アリスト(JZS147)に乗られるYさんよりエンジンオイル&オイルフィルター交換依頼がありました。

エンジンオイル・・・apm 5W-30
オイルフィルター・・エコACF

年間走行距離が少ないので、半年ほどの定期で交換されます。

6月にタイヤ交換された車両で、
「転がり抵抗が少ないのか、今までと同じアクセルの踏み方をするとスピードがすぐに上がるし、ハンドル操作も軽くなったようです」
という感想でした。
同じセイバーリングタイヤを装着された他のお客様も同様な感想でしたので、転がり抵抗の少ないタイヤであるといえますね。



210729-2.JPG
今回 Yさんより差入を頂きました。
ポカリスエット 1箱です。
こういう差入は今の時期、大歓迎です。
これで今年の暑さに負けないように作業が続けられそうです。

Yさん、ありがとうございました。






中田自動車 Nakada Automobiles japan

〒939-0321
富山県射水市浄土寺104-14

TEL 0766-57-8701 / FAX 0766-57-8702
H / P : http://www.nakada-auto.com/
posted by アムロジン at 20:54| Comment(0) | クルマ作業

2021年07月28日

シビックタイプR(FK8) アライメント

210728-1.JPG
シビック タイプR(FK8)の4輪アライメント調整です。

スプリング交換とリジカラ装着によってズレの生じたアライメントをオーナーのIさんの希望される状態に設定します。

測定を行うとフロントキャスターとリヤキャンバーの左右差がほとんどなくリジカラ装着による良い結果が出ていました。

フロントキャンバーはアッパーマウントの位置調整で変更が可能で、Iさんのご希望に合わせた調整を行い、フロントトーとリヤトーも各々調整して作業を終えました。

テスト走行を行ってみると、ご希望内容に合った状態であると思えましたので、これで完了です。

新車時から装着されている電子制御ダンパーによって乗り心地が良く、しなやかな動きを呈してくれました。
本来20インチタイヤが装着される車両ですが、18インチに変更されていることも大きな影響があるものと思いますが、従来のタイプRのイメージとは違う乗り心地に少々驚きました。

これでIさんに乗って頂くこととします。






中田自動車 Nakada Automobiles japan

〒939-0321
富山県射水市浄土寺104-14

TEL 0766-57-8701 / FAX 0766-57-8702
H / P : http://www.nakada-auto.com/
posted by アムロジン at 18:40| Comment(0) | アライメント

2021年07月27日

シビックタイプR(FK8) リジカラ装着

210727-1.JPG
サスペンションを活かす製品としてリジカラを装着します。
メンバーを取り付けるボルトとメンバーの穴に隙間があるため、その隙間を埋めることでメンバーのズレを発生させないようにして、しっかり感を出します。



210727-2.JPG
フロントメンバーの指定されたボルト部分に、指定されたサイズのリジカラを専用のグリスを塗布して組み付けます。



210727-3.JPG
リヤメンバーも指定されたボルト部分に、指定されたサイズのリジカラを専用のグリスを塗布して組み付けます。

明日は4輪アライメント調整を行います。






中田自動車 Nakada Automobiles japan

〒939-0321
富山県射水市浄土寺104-14

TEL 0766-57-8701 / FAX 0766-57-8702
H / P : http://www.nakada-auto.com/
posted by アムロジン at 21:27| Comment(0) | クルマ作業

2021年07月26日

シビックタイプR(FK8) スプリング交換

210726-1.JPG
シビックタイプRに乗られるIさんよりサスペンション系の変更依頼がありました。



210726-2.JPG
アイバッハスプリングへの交換です。



210726-3.JPG
フロントスプリング交換
今回のタイプRのフロントサスペンション構造は時間が掛かることを承知で取り掛かりましたが、知恵の輪を解くように進めていったところ、予定通りの時間で終わることが出来ました。



210726-4.JPG
リヤスプリング交換
リヤはフロントのような複雑さはなく、早々に終わりました。

明日はサスペンションを活かすための製品を取り付ける作業です。






中田自動車 Nakada Automobiles japan

〒939-0321
富山県射水市浄土寺104-14

TEL 0766-57-8701 / FAX 0766-57-8702
H / P : http://www.nakada-auto.com/
posted by アムロジン at 20:53| Comment(0) | クルマ作業

2021年07月25日

ミニツーリング210725

210411-1.JPG
(今回画像を撮ることが出来なかったため、今年4月の第1回目の様子を再度掲載します)

今年2回目のミニツーリングにお客様と一緒に走ってきました。

インプレッサの私、86のSさん、BMW335iのNさん、シビックのMさん、MR2のAさん、180SXのAさん、アクセラに乗られるAさんの会社の同僚の方(お名前失念しました、ごめんなさい)

BMW335iのNさん、シビックのMさん、アクセラの方が初めて参加されました。

「道の駅 たいら」に到着してから5分以上経過しても180SXとアクセラが到着しないので、電話で確認すると「180SXのエンジンの調子が急に悪くなったので、パーキングで様子見しています」との返事がありました。

既に到着している皆さんと歓談して各々のクルマの特徴などお披露目(あくまでもエンジンがノーマルである事を強調?)している時にAさんからの電話。

「今、エンジン掛けたけれど調子が悪いままです。」ということなので、パーキングまで確認に行きました。
180SXのエンジンを掛けるとアクセルを踏んでいないと止まりそうなのと、プラグの失火状態があり、空燃比計の値も濃かったり薄かったりと不調です。

エンジンルームの点検を行ったあとエンジンコントロールコンピューターのハーネスに手を触れた瞬間、エンジンが停止しました。
ハーネスに原因がありそうなので、ハーネス部分を点検し接触不良と思われる部分を手直しし、Aさんにエンジンを始動してもらってからハーネスを触っても、エンジンは不調にならず、空燃比計も正常な値を示しました。

これでAさんと同僚の方は「道の駅 たいら」まで行かれましたが、私はこの後の予定があったため、帰宅です。

次回の開催についてはまだ未定ですが、決まり次第このブログにてお知らせ致します。






中田自動車 Nakada Automobiles japan

〒939-0321
富山県射水市浄土寺104-14

TEL 0766-57-8701 / FAX 0766-57-8702
H / P : http://www.nakada-auto.com/
posted by アムロジン at 09:26| Comment(0) | ミニツーリング

2021年07月23日

スカイラインGTR(BNR34) アライメント

210723-1.JPG
スカイラインGTR(BNR34)に乗られるHさんよりアライメント調整依頼がありました。
サーキット走行される仕様になっており、今回もサーキット走行に備えてのご依頼で、前回の調整値に合わせてほしいという内容でした。

過去に何度も調整しており手順は慣れていますが、フロントの一部の調整方法のみ気を遣うところがあります。
そんなことを考えながら測定を開始してみたところ、その一部の調整を行う必要がなく、それ以外の調整のみでしたが、サーキット用のアーム類に変更されているため、微妙な締め具合を要求されながらの調整を行い作業を終えました。

テスト走行を行うとアライメント調整に関して問題はありませんでしたが、Hさんからタイヤの内圧とダンパーの減衰力を含めた要望があったので、そちらの方の確認と調整を行いました。

サーキット仕様のサスペンションに変更されていますが、一般道で走行されることもありますから、少しでも乗り心地を良く出来ないかというご相談です。

バネレートやダンパーの減衰力特性は確かにサーキット走行用になっていますが、それでも乗り心地の確保は可能なはずなので、色々と調整を行いながら具合の良くなるところを探ってみたところ、妥協点を見つけました。

初期の状態と比較しての変化量が大きく感じられましたので、これでストリート仕様として頂きましょう。






中田自動車 Nakada Automobiles japan

〒939-0321
富山県射水市浄土寺104-14

TEL 0766-57-8701 / FAX 0766-57-8702
H / P : http://www.nakada-auto.com/
posted by アムロジン at 19:55| Comment(0) | アライメント

2021年07月21日

アコード(CL7) アライメント

210721-1.JPG
アコード ユーロR (CL7)に乗られるOさんより、アライメント調整依頼がありました。
直進時に左に流れる状態を修正してほしいということと、サーキット走行を行われるため、サーキット向けの調整を希望されました。

今回のご依頼の前に事故による修復作業を行われ、そのあとから左に流れる症状が現れたそうなので、それらを含めた確認が必要と思われます。

確認走行を行うと直進時に左に取られていく症状がわかりました。

ピットに戻り測定を開始するとフロントアライメントのキャンバーとキャスターが共に左流れとなる数値が現れ、トーの左右差も大きい状態でした。

元々キャンバーとキャスターの調整機能は存在しませんが、クレドル調整としてメンバーを動かしてみるとキャンバーもキャスターも左右差が小さくなったため、左流れに対する影響力も減少するものと思われ、最後にフロントトーとリヤトーをサーキット走行向けに調整し、作業を終えました。

テスト走行を行ってみると、最初に感じた左流れは弱くなり、路面状況によっては真っすぐに走るようになっていますが、装着されているタイヤがサーキット向けのハイグリップタイヤのため路面の影響を受けやすく、完全に無くすことは出来ないようです。

しかしお預かりした最初と比較すると、かなり改善出来たと思いますので、これでOさんに乗って頂くことにします。






中田自動車 Nakada Automobiles japan

〒939-0321
富山県射水市浄土寺104-14

TEL 0766-57-8701 / FAX 0766-57-8702
H / P : http://www.nakada-auto.com/
posted by アムロジン at 20:02| Comment(0) | アライメント

2021年07月18日

ちょっと ドライブ

210718-1.jpg

ランサーエボリューション10のエアコンが正常に働くのか確認するため、「道の駅 たいら」 まで路面状況の確認を兼ねて走ってきました。

冷却性能を確認する必要があるため、午後1時30分に外気温度計が33℃を表示したのと同時に出発。

強い日差しの下、エアコンの設定温度をMAX COOLにして10分ほど走ると、室内が寒いと感じるほどの冷房能力がありました。

途中で設定温度を24℃まで上げてブロアファンのみ強弱の調整を行いながら走行してみると、とても快適な状態であったので、エアコンは正常に作動していると判断できました。

ミニツーリングの為の路面状況確認も兼ねていますが、本日の路面はスノーシェッド内とトンネル内が滑りやすい状況であったことと、工事による信号機の設置がありました。

エアコンを装着したことで真夏でも走りに行ける車両となりましたがオーディオレスなので、次はオーディオシステムの装着が必要ですね。






中田自動車 Nakada Automobiles japan

〒939-0321
富山県射水市浄土寺104-14

TEL 0766-57-8701 / FAX 0766-57-8702
H / P : http://www.nakada-auto.com/
posted by アムロジン at 16:43| Comment(0) | デモカー日記 (CZ4A)

2021年07月17日

ミニツーリングのお知らせ

210411-1.JPG
(画像は今年4月の第1回目の様子です)

今年2回目のミニツーリングを7月25日(日)に開催します。
「道の駅 たいら」までのワインディングを楽しみ、現地到着後は皆さんとのおしゃべりタイムとなります。

初めて参加を希望される方はご連絡ください。
集合場所と集合時間をお知らせします。

参加されたことのある方は、いつもの場所を午前5時半に出発します。






中田自動車 Nakada Automobiles japan

〒939-0321
富山県射水市浄土寺104-14

TEL 0766-57-8701 / FAX 0766-57-8702
H / P : http://www.nakada-auto.com/
posted by アムロジン at 20:27| Comment(0) | ミニツーリング

フィット(GP4) LLC交換

210717-1.JPG
弊社デモカーのフィット ハイブリッドRS(GP4)のLLC(冷却水)を交換しました。
新車で購入後交換したことはなく、メーカーの推奨交換時期が「11年または200,000Kmのどちらか早い方」となっており、丸9年経過したのを機に交換することにしました。



210717-2.JPG
今回使用したLLCはホンダ純正 「ウルトラeクーラント」になります。



210717-3.JPG
ラジエター内のLLCとシリンダーブロック内のLLCを手順通り抜いたあと新しい「ウルトラeクーラント」を注入するため、ラジエターキャップ部に専用のタンクを接続します。



210717-4.JPG
エンジンを始動し暖機を行います。
エンジン回転数を1500rpmで維持しラジエター内のエアが徐々に抜けながらラジエターファンが5回作動したところで、エンジンを停止。
リザーブタンクにLLCをMAXラインまで入れ、タンク内にもLLCを入れてから、自然冷却で1時間程度放置。
タンク内のLLCが程よく減っていることを確認し、ラジエターキャップを取り付けて終了。



210717-6.JPG
あとは走行しながらエア抜きを行って数日走り、リザーブタンクのLLCが減っていればMAXラインまで追加し完了です。

メーカーの次回交換推奨時期は6年後になっていました。






中田自動車 Nakada Automobiles japan

〒939-0321
富山県射水市浄土寺104-14

TEL 0766-57-8701 / FAX 0766-57-8702
H / P : http://www.nakada-auto.com/
posted by アムロジン at 19:50| Comment(0) | デモカー日記 (GP4) 

2021年07月16日

ランサー エボ10 エアコン装着

210517-2.JPG
デモカーのランサーエボリューション10にエアコンを取り付けました。
競技ベース車両のRSであるためエアコンレスでしたが、外気温の高い時期でも乗ることができるように、前オーナーから頂いた三菱純正部品のエアコンシステムを取り付けました。

取付けが終わったあとの真空引きを行い、ガスの注入を行ったあとエアコンスイッチを入れてもコンプレッサーのマグネットスイッチが入らず冷房になりません。
各部を点検しても説明書通りなので原因がわからないまま暫く放置。

三菱のディーラーさんに勤めていらっしゃるお客様に確認して頂いたところ、「 ETACS ECU の中のエアコンに関する項目を書き換えなければならない」とのことでした。
元々エアコンレスの車両はこの項目がOFFになっているのだそうです。

ディーラーさんで項目を書き換えてもらうための予約を行い、事前準備としてガソリンの給油を行った帰り道、車内が暑かったので外気を導入するために何気なくブロアファンスイッチをONにしたところ、マグネットスイッチが「カチッ」と作動し、暫くしてから冷房が効き始めました。(なぜ?・・・ どうして?・・・)

エアコン用ガスは必要量の2/3ほど入っているので、吹き出し口温度もそれなりに冷却されており、マグネットクラッチがONになっていることで ETACS ECU のエアコンに関する項目はONになっているものと考えられます。
前オーナーがエアコンを装着した後に取り外したと聞いていますので、ETACS ECU の項目もそのままONだったのかもしれません。

それにしても最初のガス注入後に作動しなかったことだけが腑に落ちませんが、エアコンが作動したので良しとしましょう。






中田自動車 Nakada Automobiles japan

〒939-0321
富山県射水市浄土寺104-14

TEL 0766-57-8701 / FAX 0766-57-8702
H / P : http://www.nakada-auto.com/
posted by アムロジン at 22:28| Comment(0) | デモカー日記 (CZ4A)

2021年07月14日

レーシングハーネス装着完了

210714-2.JPG
昨日取り付けたストレスプレートのシールが固まったので、作業を続けます。

ショルダーベルトの長さがリヤシートのある車両用に設定されているため、MR2で使用する場合かなり巻き上げて短くする必要があります。

6点目のベルトの長さもアイボルトの位置とシート位置の関係で、体に合わせた調整が必要となります。

シートに座ったあと、クイックアジャスターが付いているため、長さの調整が楽チンです。



210714-3.JPG
レーシングハーネスの装着完了。

これでサーキット走行も安全に走れるようになります。






中田自動車 Nakada Automobiles japan

〒939-0321
富山県射水市浄土寺104-14

TEL 0766-57-8701 / FAX 0766-57-8702
H / P : http://www.nakada-auto.com/
posted by アムロジン at 19:50| Comment(0) | クルマ作業

2021年07月13日

レーシングハーネス装着

210713-2.JPG
今月初旬にレカロシート「RS-G GK」を装着されたAさんよりレーシングハーネス装着のご依頼がありました。



210713-1.JPG
CUSCO レーシングハーネス 6P (00B-CRH-N6BK)です。

サーキット走行に備えて必要な6点式となります。

5点式のアイボルトは既に装着されているのですが、6点式用に新たに2個のアイボルト装着が必要なので、シートを外しての作業となります。

アイボルトを固定するストレスプレートのシール乾燥待ちのため、完成は明日になります。






中田自動車 Nakada Automobiles japan

〒939-0321
富山県射水市浄土寺104-14

TEL 0766-57-8701 / FAX 0766-57-8702
H / P : http://www.nakada-auto.com/
posted by アムロジン at 19:47| Comment(0) | クルマ作業

2021年07月12日

三菱アイ(HA1W) アライメント

210712-1.JPG
三菱アイ(HA1W)に乗られるMさんよりアライメント調整依頼がありました。
6月末にタイヤ交換を行われ、フロントタイヤに偏摩耗があるため、アライメント調整を行うことになっていました。
高速走行時に直進性があまり良くないということもあり、それらを含めた作業となりました。

確認走行を行うと高速道路ではありませんが直進性が良くないのがわかりました。

ピットに戻り測定を開始すると大きな狂いではないものの左右差が目立つため、タイヤの偏摩耗を抑えるような調整を行って作業を終えました。

テスト走行を行うと確認走行の時よりも真っすぐ走るような感じを受けましたが、やはり直進性が良くなりません。
むしろ直進性というよりもステアリング操作に伴ってのステアリングの戻りが悪いような感じです。

ピットに戻りフロント荷重を掛けないようにしてフロントを持ち上げステアリング操作を行うと、ステアリング操作に伴ってカクカクという振動を感じました。
どうもストラットシャフトの回転がスムーズではなく、シャフトが重いのかアッパーマウントのベアリングの問題なのか、いずれにしてもアライメントとは違う原因のようです。

Mさんにこの内容をお伝えし、今後どのようにされるのか相談することになりそうです。






中田自動車 Nakada Automobiles japan

〒939-0321
富山県射水市浄土寺104-14

TEL 0766-57-8701 / FAX 0766-57-8702
H / P : http://www.nakada-auto.com/
posted by アムロジン at 19:59| Comment(0) | アライメント

2021年07月10日

86(ZN6) オイルメインテナンス

210710-4.JPG
86(ZN6)に乗られるSさんより、ミッションオイル&デフオイル交換依頼がありました。

ミッションオイル・・・Moty's M405
デフオイル・・・・・・Moty's M509

近日中にサーキット走行を行なわれるそうです。

更にミニツーリングのリクエストもありましたので、今月中に開催できるように準備を進めてみます。






中田自動車 Nakada Automobiles japan

〒939-0321
富山県射水市浄土寺104-14

TEL 0766-57-8701 / FAX 0766-57-8702
H / P : http://www.nakada-auto.com/
posted by アムロジン at 21:27| Comment(0) | クルマ作業

シビック(FK7) オイルメインテナンス

210710-2.JPG
シビック(FK7)に乗られるMさんよりサーキット走行に向けてエンジンオイル&オイルフィルター交換依頼がありました。



210710-3.JPG
エンジンオイル・・・・・Moty's M111
オイルフィルター・・・・エコACF



210710-1.JPG
近日中にMR2(SW20)のAさんとサーキット走行を行われるそうです。






中田自動車 Nakada Automobiles japan

〒939-0321
富山県射水市浄土寺104-14

TEL 0766-57-8701 / FAX 0766-57-8702
H / P : http://www.nakada-auto.com/
posted by アムロジン at 21:21| Comment(0) | クルマ作業

2021年07月08日

アテンザワゴン(GJ2FW) リヤダンパー交換

210708-1.JPG
アテンザワゴン(GJ2FW)に乗られるUさんより、リヤダンパーの交換依頼がありました。
車高調整用ダンパーから純正ダンパーへ交換するだけなのですが、先日作業を行った際にナットが外れずボルトごと緩んでしまったため、ボルト・ナット関連を全て準備したうえで交換することになりました。



210708-2.JPG
ナットはボルトに固着しておりボルトが外れてダンパーが外れました。
取り外したボルトを万力に固定してナットを緩めようとしましたが、溶接されたような状態で全く緩むことはありませんでした。



210708-3.JPG
新品のスタッドボルトを規定トルクで締め付けます。



210708-4.JPG
純正ダンパーを取り付けワッシャを通してからナットを規定トルクで締め付けます。



210708-5.JPG
タイヤ&ホイールを取り付けて作業完了です。

取り外した車高調整用ダンパーはオイル漏れしているので、オーナーのUさんがオーバーホールに出され、修理完了後に再度純正ダンパーと交換する予定です。






中田自動車 Nakada Automobiles japan

〒939-0321
富山県射水市浄土寺104-14

TEL 0766-57-8701 / FAX 0766-57-8702
H / P : http://www.nakada-auto.com/
posted by アムロジン at 22:13| Comment(0) | クルマ作業

2021年07月06日

シエンタ(NSP170G) アライメント

210706-1.JPG
シエンタに乗られるYさんよりアライメント調整依頼がありました。
タイヤを新品に交換されたばかりで、タイヤの偏摩耗を少なくすることと、走行安定性を向上させてほしいという内容でした。

確認走行を行うと、何事もなくごく普通に走っているように感じられたものの、ワダチのある路面で左右に振られるような感覚もありました。

ピットに戻り測定を行うと、上記の症状を発生させる数値が表示されました。



210706-2.JPG
タイヤの偏摩耗を抑えるためにフロントキャンバーをネガティブ側に調整する為、キャンバー調整ボルト(トヨタ純正部品)に変更し、希望する数値まで調整するはずだったのが予想以上にネガティブ側に動いてしまった為、元のボルトに戻してから再調整です。

元のボルトを使用すれば最初の数値に戻るはずなのですが、調整を工夫したことで希望する数値までネガティブキャンバーが付きました。

リヤはトーの左右差が大きくて真っ直ぐ走っていない状態でした。
この車両のリヤトーに調整機能はありませんが、サスペンション取り付け部分を工夫する事で数値が大きく変化し、トーの左右差も少なくなりました。

調整を終えてテスト走行を行ってみると、最初の状態とは比較にならないほど真っ直ぐ走り、ワダチのある路面でも左右に振られることもなくなりました。

これでYさんに乗って頂くことにします。






中田自動車 Nakada Automobiles japan

〒939-0321
富山県射水市浄土寺104-14

TEL 0766-57-8701 / FAX 0766-57-8702
H / P : http://www.nakada-auto.com/
posted by アムロジン at 22:08| Comment(0) | アライメント