2022年09月13日

マークX(GRX133) アライメント

220913-1.JPG

マークXのアライメント調整です。

東海北陸自動車道を走行されるようになってから路面の継ぎ目などを通過する際に、サスペンションに掛かる負担が今までよりも大きく感じられるようになったそうで、タイヤを新品にした今回、アライメント調整を行うことになりました。

測定を行うと大きなズレではありませんが前後ともにトーの左右差が見受けられ、真っすぐ走っていない状態でしたので、フロントトーもリヤトーも前回と同じ値で調整し、作業を終えました。

調整後のテスト走行を行うと、タイヤをミシュラン パイロットスポーツ4からブリヂストンPOTENZA RE050Aに変更したことで、乗り心地の変化が大きく更に路面からの反応の違いがよくわかり、Mさんの言われる
「北陸自動車道での走行では感じられなかった車体の揺れ(収まりの悪さ)を感じるようになった」
という意味が少しわかったような気がしました。

東海北陸自動車道を走った訳ではありませんが、明らかにタイヤの違いを感じ取ることができました。

これで以前と同じ条件に戻りましたので、不安要素も消えたのではないでしょうか。






中田自動車 Nakada Automobiles japan

〒939-0321
富山県射水市浄土寺104-14

TEL 0766-57-8701 / FAX 0766-57-8702
H / P : http://www.nakada-auto.com/
posted by アムロジン at 20:37| Comment(0) | アライメント