2022年11月21日

スマート ステアリングセンター

221121-1.JPG
MCCスマート(451380)に乗られるKさんよりステアリングセンターがズレているので、直してほしいというご依頼がありました。
確認走行を行うとステアリングセンターが15度ぐらい右に傾いて直進走行しています。
この車を購入された時から傾いており、段々と傾く量が大きくなっていったそうです。

走行中に左や右に流れることもなく、タイヤ交換の際も偏摩耗は見受けられなかったそうなので、今回アライメント調整は行わず、ステアリングセンター調整のみ行うことになりました。

左右のタイロッドの長さを調整しての修正ですが、傾き角が大きいのでそれに見合うだけのタイロッド調整を行いテスト走行で確認すると、最初よりもかなり良くなりましたが、まだ足りなかったのでもう少しだけ調整を行って確認したところ、センター位置に合ったと思われたので、Kさんに確認のため乗って頂きました。

すると、もうほんの少しだけ微妙に傾いているという事でしたので、ほんの少しの調整を行って再確認して頂いたところ、OKを頂きました。

最初の調整は大きく、次にその1/3の調整、最後に1/6の調整を行った結果として、ステアリングセンターが合いました。

このズレはおそらくサスペンションメンバーのズレによるものと思われ、ちょっとした路面の段差を越えた際の衝撃でさえもズレるような構造だと思われます。

衝突安全基準をクリアするための構造だと思われますが、ごく普通に運転していてもズレる可能性があるので、再びステアリングセンターがズレることも十分に考えられます。

Kさんにはステアリングセンターが再びズレた場合、メンバー調整は行わずタイロッド調整だけで行うことにし、将来メンバー調整を含めたアライメント調整を行うことをお勧めしました。

運転しているととても楽しいクルマなんですが、ステアリングセンターがズレているとあまり気分の良いものではないですね。






中田自動車 Nakada Automobiles japan

〒939-0321
富山県射水市浄土寺104-14

TEL 0766-57-8701 / FAX 0766-57-8702
H / P : http://www.nakada-auto.com/
posted by アムロジン at 19:34| Comment(0) | クルマ作業