2021年10月18日

レヴォーグ(VM4) アライメント

211018-1.JPG
お付き合いのあるショップ様より スバル レヴォーグ(VM4) のアライメント調整依頼がありました。
フロントタイヤの偏摩耗が酷い状態であることと、左前輪を側溝に落とされたことによる依頼です。

タイヤは新品に交換されていましたが、偏摩耗したタイヤの画像を見せて頂いたところ、タイヤの内側のミゾは無くなっており、中のベルトが見えている状態でした。

確認走行では直進状態で真っ直ぐに走っていないような感覚があり、ほんの少し左流れがありました。

ピットに戻り測定を行ってアライメント状態を確認すると、原因となる数値がフロントとリヤの両方に表れました。
特にフロントキャンバーとリヤトーの左右差が大きく、それによってタイヤの偏摩耗が起きていたようです。
今回はメーカーの基準値に調整し、基本状態を作る事にして作業を終えました。

調整後のテスト走行を行ってみると、直進状態で路面の影響もほとんど受けず真っ直ぐ走るようになりましたので、これで乗って頂くことにします。






中田自動車 Nakada Automobiles japan

〒939-0321
富山県射水市浄土寺104-14

TEL 0766-57-8701 / FAX 0766-57-8702
H / P : http://www.nakada-auto.com/
posted by アムロジン at 22:07| Comment(0) | アライメント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: