2021年11月06日

パワステフルード漏れ修理

211106-1.JPG
インプレッサ(GC8)です。
以前パワーステアリングフルード漏れがあり、タンク下のOリング交換で修理し2年以上経過していますが、最近になって再びフルード漏れとなったのでパワステポンプ周辺を確認すると、タンクの中央より下側がフルードで濡れているのが見えました。
タンク全体を脱脂してから走行を繰り返し漏れる部分を確かめてみたところOリングのところではなく、タンク本体からの漏れとわかりました。



211106-2.JPG
タンクは上下2分割構造をカシメで一体にしたもので、カシメてある中央の合わせ面から漏れているようです。
上下に分解することは出来ないものの一旦タンクのみを外して合わせ面をクリーナーで脱脂し、油分を無くしてからフルードガスケットを塗布しました。



211106-6.JPG
タンクを外したポンプ部分



211106-7.JPG
タンク下のOリングを新品に交換してからポンプに組み付けて固定。
フルードガスケットが完全に乾いてからパワーステアリングフルードを規定量まで入れて終了。

このあと走行を繰り返して再確認し、漏れが無ければ完了です。

タンクのみ部品の品番設定はありましたが入手出来ないとのことで、修理となりました。

生産中止からかなり経過しており入手できない部品が多くなってきたので、手に入るうちに出来るだけ部品を調達しなければならなくなりましたね。






中田自動車 Nakada Automobiles japan

〒939-0321
富山県射水市浄土寺104-14

TEL 0766-57-8701 / FAX 0766-57-8702
H / P : http://www.nakada-auto.com/
posted by アムロジン at 21:52| Comment(0) | デモカー日記 (GC8) 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: