2013年12月01日

バッテリー上がり

KC460117-1.JPG

ここ3週間ほどインプレッサに乗る機会がないまま車庫に入れっぱなしにしており、久しぶりに移動するためエンジンを掛けようとしたところ、バッテリー上がりを起こしていました。

キーONでメーターパネルのランプ類は点灯するものの、スターターモーターが1秒ほど回転したところで止まったため、これ以上はムリと判断し始動を断念しました。

バッテリーは一昨年新品にした「パナソニック ブルーバッテリーCAOS」で高容量でもあり、3週間程度ではバッテリー上がりは起こさないだろうと思っていたのです。

しかし実際には盗難防止装置を装着していたことで、暗電流が想像していたよりも多く流れてしまい、バッテリーの容量低下を起こしたようです。

すぐに充電器で充電を開始したものの、満充電させるには10時間程度必要なため、エンジンがかかる程度の充電に留め、エンジン始動後は走行しながら充電させる事にしました。

ちょうど色んな場所に行く予定にしていたため、総走行距離100km程度の走行でかなり充電されたと思いますので明日の朝の始動も大丈夫でしょう。

しかしこれから更に寒くなる季節にバッテリー上がりは怖いですね。
新品でバッテリー交換されてから3〜4年経過している場合は、一度点検されることをお勧めします。

夏場に問題がなくても外気温が下がってくるこれからの季節では、バッテリー内部の温度も下がりバッテリー能力が落ちてきて、突然始動不能になることも珍しくありません。

始動時のスターターに流れる電流値とその時のバッテリー電圧を測定することで、バッテリーの現在の状態を知ることが出来ますから、点検を希望される方はご予約をお願い致します。






中田自動車 Nakada Automobiles japan

〒939-0321
富山県射水市浄土寺104-14

TEL 0766-57-8701 / FAX 0766-57-8702
H / P : http://www.nakada-auto.com/
posted by アムロジン at 18:11| Comment(0) | デモカー日記 (GC8) 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: