2022年11月22日

スカイラインGTR(BNR32) アライメント

221122-1.JPG
お付き合いのあるショップさんより、スカイラインGTR(BNR32)のアライメント調整依頼がありました。
タイヤの偏摩耗がひどすぎて、バーストしたそうです。

確認走行は不要と判断し、すぐに測定を開始したところフロントトーアウトが大きく、リヤトーもスラストラインが左向きとなっている状態でした。

アライメント調整の内容としてタイヤの偏摩耗を抑えることと、高速道路での安定性向上というご希望でしたので、リヤトーは直進性向上+偏摩耗抑制とし、フロントトーは偏摩耗抑制+直進安定性向上という調整を行って作業終了です。

調整後のテスト走行を行ってみると、装着されているタイヤの太さを感じさせないほど路面の影響を受けず、直進性が良いままコーナーも希望通りの旋回をしたので、これでOKとしました。

スカイラインGTRの中でこのBNR32のボディは運転しやすいサイズだと常々感じており、サスペンションのセッティングが合えばとても楽しく走らせることが出来るクルマだと思います。






中田自動車 Nakada Automobiles japan

〒939-0321
富山県射水市浄土寺104-14

TEL 0766-57-8701 / FAX 0766-57-8702
H / P : http://www.nakada-auto.com/
posted by アムロジン at 18:06| Comment(0) | アライメント

2022年11月18日

スイフトスポーツ(ZC31S) アライメント

221118-1.JPG
スイフトスポーツ(ZC31S)に乗られるUさんより車検整備と4輪アライメントの測定依頼がありました。

車検整備一式を終えたあとスタッドレスタイヤを4本とも新品に交換し、ミッションオイル交換+レヴィテックG5注入などの作業を終えアライメント調整を行いました。

車検整備の際フロントロアアームのボールジョイントブーツ交換を行った為ロアアームの切り離し作業が伴いました。

測定した数値でいえば今年3月に車高調キットを装着した時のアライメント調整値とほぼ同じでしたが、フロントトーにわずかなズレがあったため、その部分のみ調整して作業を終えました。

作業後のテスト走行を行いましたが、スタッドレスタイヤが新品である為、ステアリングセンターが合わない可能性もあるので、来春サマータイヤに履き替えられてから再度ステアリングセンター確認を行う予定です。

これでオーナーのUさんに乗って頂く事にします。






中田自動車 Nakada Automobiles japan

〒939-0321
富山県射水市浄土寺104-14

TEL 0766-57-8701 / FAX 0766-57-8702
H / P : http://www.nakada-auto.com/
posted by アムロジン at 18:04| Comment(0) | アライメント

2022年10月31日

86 (ZN6) アライメント

221031-1.JPG
作業のご依頼を頂いている自動車整備センターさんより、トヨタ86(ZN6)のアライメント調整依頼がありました。
車高調整キットを装着されており、一般道のストリート走行向けでのご依頼です。

確認走行では特に違和感を感じることもなく走りましたが、ステアリングセンターにズレがみられました。
ピットに戻り測定を開始すると、リヤトーに少し左右差があることと、フロントトーにちょっと大きめの左右差があり、これがステアリングセンターのズレになっているものと思われました。

リヤトーインが少し大きめだったので適正値に調整し、フロントキャンバーとフロントトーの左右差を合わせ直して作業を終えました。

作業後のテスト走行を行ってみると、真っすぐ素直に走りますがステリングセンターにほんの少しだけズレがあるため、ピットに戻って修正を行い、再度確認走行を行うとステアリングセンターが合いました。

これでオーナーの方に乗って頂けるように自動車整備センターさんに説明して車両をお渡しします。






中田自動車 Nakada Automobiles japan

〒939-0321
富山県射水市浄土寺104-14

TEL 0766-57-8701 / FAX 0766-57-8702
H / P : http://www.nakada-auto.com/
posted by アムロジン at 19:28| Comment(0) | アライメント

2022年10月25日

ハリアー(MXUA85) アライメント タイヤ交換

221025-1.JPG

221025-2.JPG
いとこの会社で使用しているハリアー(MXUA85)のアライメント調整を行いました。
左リヤタイヤを縁石に当てたそうで、かなりの衝撃があったためタイヤ交換とアライメント調整の依頼となりました。
測定を行うと左リヤタイヤを当てたという状態の数値が表示されました。
リヤトーの左右差が大きいのとそれに伴うフロントトーのズレです。
リヤトーは左側だけでなく右にも影響を与えており左右共に前回と同じ状態に調整しています。
フロントトーも左右差を修正し、前回と同じ状態に調整して作業終了。


221025-4.JPG

221025-5.JPG

221025-6.JPG
このあと左リヤタイヤのみ交換作業を行って車両に装着し、アライメント後のテスト走行です。
直進性が良くコーナリング時の左右差もなく安定した走行でしたのでこれで完了としました。

タイヤに関して縁石などにタイヤのサイド部分を当てることでタイヤ内部のコードが切断され、コブの発生などがあります。
最初のうちは大丈夫そうに見えても、時間の経過とともに膨らむケースが多く、高速走行中の場合バーストする危険性もありますので、今回のように1本だけであっても交換する方が賢明です。

これでオーナーの方に乗って頂くことにします。






中田自動車 Nakada Automobiles japan

〒939-0321
富山県射水市浄土寺104-14

TEL 0766-57-8701 / FAX 0766-57-8702
H / P : http://www.nakada-auto.com/
posted by アムロジン at 19:10| Comment(0) | アライメント

2022年10月12日

マスタングGT アライメント

221012-1.JPG
マスタングに乗られるMさんよりアライメント調整依頼がありました。
ショップさんで車高調整を行ったあとショップさんを通じて他店でアライメント調整を行われたところ、リヤタイヤの左右のフェンダー内への収まり寸法差が大きくなったそうです。
確認してみると左側タイヤはフェンダーとほぼツライチですが、右側タイヤはフェンダーから10mmほど中に入った状態で見るからに左右差の大きな状態です。
アライメント調整の用紙を拝見させて頂いたところ、調整後のリヤトーは左右差の無い状態となっていました。
ところが測定を開始してみるとリヤトーの左右差が大きく出ており、用紙の数値は間違っているようでしたので調整を行いました。



221012-3.jpg
今回調整した部分は矢印の付いているラテラルロッドです。
長さを調整することが可能な製品に交換されているので、専用の工具を使用してホーシングを右側に移動するように調整していきます。
タイヤとリヤフェンダーとの寸法を測定しながらラテラルロッドを調整し、アライメントのリヤトーの確認も一緒に行っていくうちにリヤトーの左右の数値が揃ってきました。
リヤトーの左右の数値が同一になった時点でタイヤとフェンダーの寸法を測定するとほとんど左右差の無い状態になっています。
そしてラテラルロッド左側のロックナット付近のロッドに過去に私が書いたマジックの文字が表れたので、調整の位置として間違っていないようです。

おそらく他店で行われたアライメント調整はラテラルロッドを調整しリヤトーの数値を合わせたものと推測できますが、較正がされていないテスターであったため、ズレた数値が結果値として表れたのでしょう。



221012-5.jpg
右リヤトレーリングアーム(調整式)

221012-7.jpg
左リヤトレーリングアーム(調整式)

リヤトーの調整はラテラルロッドで行うのではなく、このトレーリングアームの長さを調整して行います。
このマスタングは過去に弊社で何度もアライメント調整を行っていますので、トレーリングアームの長さを変えなくてもラテラルロッドの長さを前回と同じ位置関係にすることで解決しました。



221012-8.JPG
この部分はデフキャリア上部に付いたディファレンシャルピニオンアングルを調整するもので、過去に-2度(マイナス2度)に調整しており、今回確認のため測定してみたところ-2度のままでしたので、調整は行っていません。

来月セントラルサーキットにて開催されるドラッグレースに参加されるそうなので、好成績を収められることを祈っております。






中田自動車 Nakada Automobiles japan

〒939-0321
富山県射水市浄土寺104-14

TEL 0766-57-8701 / FAX 0766-57-8702
H / P : http://www.nakada-auto.com/
posted by アムロジン at 20:08| Comment(0) | アライメント

2022年10月07日

レクサス RX450h アライメント

221007-1.JPG
お付き合いのある自動車屋さんより、レクサスRX450hのアライメント調整依頼がありました。

今年4月にブリッツダンパー ZZ-R 車高調&他社製スプリングを装着し、快適な走行を行われておられたのですが、お客様から車両の購入希望があったため売却されることとなり、純正サスペンションに戻されたあとのアライメント調整になります。

純正に戻されてから弊社にご入庫され、確認走行を行ったあと測定を開始しました。

測定してみるとフロントキャンバーは基準値に近い状態でしたのでそのままとし、左右差のあるフロントトーとリヤトーの調整のみ行って作業終了。

調整後のテスト走行を行うと直進性も良く旋回も違和感の無い素直な曲がり方であったので、これで完了としました。

乗り心地については減衰力調整式純正ダンパーの柔らかい状態よりもブリッツ車高調&他社製スプリングの方が良かったように感じられました。

このことは自動車屋さんの社長も同じことを言われましたので、間違いないようです。


余談ですが・・・
ブリッツ製のダンパー減衰力特性は自分でも気に入っているのですが、キットに付属するスプリングでは私の希望する状態にならないことがあり、他社製のスプリングを使用することで解決することがあります。
全ての車両が該当するわけではなく一部車両での使用に於いて、ユーザー様の希望に合わせようとしてもその状態にならず、スプリング交換で修正できることが多々あったため、その後他社製スプリングに変更することが増えました。
しかし、全ての車両ではないというところがとてももどかしいのです。





中田自動車 Nakada Automobiles japan

〒939-0321
富山県射水市浄土寺104-14

TEL 0766-57-8701 / FAX 0766-57-8702
H / P : http://www.nakada-auto.com/
posted by アムロジン at 18:51| Comment(0) | アライメント

2022年10月01日

プジョー206RC アライメント

220930-1.JPG
お付き合いのあるディーラー様よりプジョー206RCのアライメント調整依頼がありました。
リヤサスペンションのトーションビームAssyの交換を行われた後のアライメント調整です。
直進走行時にステアリングが左に流れていくという症状を改善してほしいというご依頼でした。

受け入れで確認走行を行ってみると路面の状況にもよりますが、左に流れる症状がわかりました。
左下がりの路面では確実に流れ、平坦路でもジワジワと左に流れます。

ピットに戻り測定を開始するとリヤトーの左右差が大きくスラストラインが左方向を向いています。
トーションビーム交換によるリヤトーのズレなので、トーションビームの位置調整を行いました。



220930-2.JPG
手前の長く伸びた2本のアームを動かしてトー調整を行う構造ではないので、トーションビームそのものを移動させなければなりません。

サスペンションメンバーと同様な取付け方法ですが、位置決めがキッチリとしているため、簡単に動かせるような構造ではありません。

色々と工夫しながら色んな工具を用いてトーションビームの固定部分を動かしていくことで、ようやく希望する数値となりました。
フロントトーもズレがあるので調整して作業終了。

テスト走行を行うと受け入れ直後と比較してかなり改善されたものの、まだ左に流れます。
平坦路でもほんの少しずつ左に流れるので、これはタイヤにも原因があると思いピットに戻ってフロントタイヤの左右を入れ替えて再度テスト走行。

すると平坦路では全く流れることなく直進し、左下がりの路面でもほとんど流れないと感じられるほどまでになりました。
確認のためフロントタイヤをもう一度戻すと、やはり左に流れます。
間違いなくフロントタイヤも原因のひとつでした。

再度左右を入れ替えて直進することを確認したうえで作業完了です。

これでオーナーの方に乗って頂くことにします。






中田自動車 Nakada Automobiles japan

〒939-0321
富山県射水市浄土寺104-14

TEL 0766-57-8701 / FAX 0766-57-8702
H / P : http://www.nakada-auto.com/
posted by アムロジン at 17:13| Comment(0) | アライメント

2022年09月22日

クラウン(GRS180) アライメント

220922-1.JPG
お付き合いのある自動車整備工場さんよりクラウン(GRS180)のアライメント調整依頼がありました。
この車両は2年前リヤダンパー交換を行われた際にアライメント調整を行っており、今回はフロントダンパー交換におけるご依頼となりました。

確認走行を行ってみると、特に違和感を感じることもなく素直な走行でした。
ピットに戻り測定を開始すると、前回の数値に近い状態でしたが左右差が出ていたため、前回と同じになるように調整を行って作業を終えました。

テスト走行を行ってみると、素直な走行に変化はありませんしステアリングセンターも合っていたので、これで完了です。

これでお客様に乗って頂けるよう自動車整備工場さんに作業内容をご説明し、お引渡しを完了しました。

クラウンのサスペンションは、マークXやレクサスIS350などと同じ構造なので、セッティング次第でスポーティ仕様にすることも可能ですが、今回はラグジュアリー仕様としています。






中田自動車 Nakada Automobiles japan

〒939-0321
富山県射水市浄土寺104-14

TEL 0766-57-8701 / FAX 0766-57-8702
H / P : http://www.nakada-auto.com/
posted by アムロジン at 18:43| Comment(0) | アライメント

2022年09月14日

スパシオ(AE111N) アライメント

220914-1.JPG

カローラ スパシオ(AE111N)に乗られるTさんよりタイヤの偏摩耗確認とアライメントの確認依頼がありました。

タイヤの偏摩耗による亀裂を発見されたことでの点検依頼で、偏摩耗したタイヤを装着された状態でご入庫頂き、簡易テスターと目視によってアライメントのズレを確認したことに加え、タイヤの摩耗具合が内圧の低すぎによるものと判明しました。

ドア開口部に記載されているタイヤ内圧の基準値通りに調整しているという説明がTさんよりありましたが、その内圧ではタイヤの偏摩耗が起きてしまうという値なのです。

この点検ののちアライメント調整依頼と新品タイヤ持込みによるタイヤの組み替え作業依頼がありました。

新品タイヤは後日入荷となるため、先にアライメント測定を行いましたがフロント・リヤ共に調整の必要がある状態であったため、タイヤの摩耗具合にフロントキャンバー値とリヤキャンバー値を考慮し、タイヤの偏摩耗が起きにくくなるように調整しています。

テスト走行はタイヤを新品にしてから行いますので、明日以降になりますね。






中田自動車 Nakada Automobiles japan

〒939-0321
富山県射水市浄土寺104-14

TEL 0766-57-8701 / FAX 0766-57-8702
H / P : http://www.nakada-auto.com/
posted by アムロジン at 19:03| Comment(0) | アライメント

2022年09月13日

マークX(GRX133) アライメント

220913-1.JPG

マークXのアライメント調整です。

東海北陸自動車道を走行されるようになってから路面の継ぎ目などを通過する際に、サスペンションに掛かる負担が今までよりも大きく感じられるようになったそうで、タイヤを新品にした今回、アライメント調整を行うことになりました。

測定を行うと大きなズレではありませんが前後ともにトーの左右差が見受けられ、真っすぐ走っていない状態でしたので、フロントトーもリヤトーも前回と同じ値で調整し、作業を終えました。

調整後のテスト走行を行うと、タイヤをミシュラン パイロットスポーツ4からブリヂストンPOTENZA RE050Aに変更したことで、乗り心地の変化が大きく更に路面からの反応の違いがよくわかり、Mさんの言われる
「北陸自動車道での走行では感じられなかった車体の揺れ(収まりの悪さ)を感じるようになった」
という意味が少しわかったような気がしました。

東海北陸自動車道を走った訳ではありませんが、明らかにタイヤの違いを感じ取ることができました。

これで以前と同じ条件に戻りましたので、不安要素も消えたのではないでしょうか。






中田自動車 Nakada Automobiles japan

〒939-0321
富山県射水市浄土寺104-14

TEL 0766-57-8701 / FAX 0766-57-8702
H / P : http://www.nakada-auto.com/
posted by アムロジン at 20:37| Comment(0) | アライメント

2022年08月26日

レガシィ(BP5) アライメント

220826-1.JPG

レガシィ(BP5)のアライメント調整です。

昨日スピリットレーシング製車高調(オーバーホール済み)を装着し、一晩車重を掛けた状態からのアライメント調整です。

前回タイヤ交換を行なわれた際にタイヤの特性に合わせてアライメントを少し変更しているので、その時と同じ状態となるように調整を行います。

フロントキャンバーは純正で調整可能となっており、昨日のストラット組み付けの際にポジティブ側に目一杯倒しており、その状態からネガティブ側に調整しています。

フロントトーをキャンバーに合わせて調整し、その後リヤトーを調整したあとにフロントトーを再調整します。

前回と同じ状態に仕上がったのでテスト走行を行ってみると、従来と変わらず直進性の良さとコーナリングでのステアリング反応の良さが両立した状態でした。

これでMさんに乗って頂くことにします。






中田自動車 Nakada Automobiles japan

〒939-0321
富山県射水市浄土寺104-14

TEL 0766-57-8701 / FAX 0766-57-8702
H / P : http://www.nakada-auto.com/
posted by アムロジン at 22:23| Comment(0) | アライメント

2022年08月03日

アリスト(JZS147) アライメント

220803-1.JPG

車高調を取り付けたアリスト(JZS147)のアライメント調整です。

車高を同一にし、フロントアッパーアーム以外はアライメントに関する数値に影響のない部分の脱着だけなので、元の数値が表示されるはずと思いながら測定を行いました。
測定の結果、確かに左右差はありましたが大きなズレではなく、経年の変化としては少ない方だと思われました。

車高調を新規に装着されましたが、従来通り直進性の向上と安定性を持たせた調整を行って作業を終えました。

調整後のテスト走行を行ってみると、調整に伴う直進性が良くステアリングに軽く手を添えるだけで真っすぐ走るようになっていますので、高速道路を走行されても同様な直進性であると思われます。

乗り心地に関してフロントは良い状態と思われましたが、リヤが少し硬く感じられたので、柔らかくなる調整を行ったところ、フロントとのバランスが取れて良い感じになりました。
まだ新品であり走行距離による慣らしを行われることで減衰力に変化が出ますので、オーナーのYさんの好みで調整して頂ければ宜しいと思います。

左リヤダンパーのオイル漏れによる走行安定性の欠如も無くなった現在、安心して乗って頂けると思います。






中田自動車 Nakada Automobiles japan

〒939-0321
富山県射水市浄土寺104-14

TEL 0766-57-8701 / FAX 0766-57-8702
H / P : http://www.nakada-auto.com/
posted by アムロジン at 19:02| Comment(0) | アライメント

2022年07月30日

フィット(GK5) アライメント

220730-1.JPG

サスペンションスプリング交換を行ったフィットのアライメント調整です。

昨年10月にアライメント調整を行った時の数値を希望されましたので、同様な状態となるようにキャンバー調整を行ったあとにトー調整を行って作業終了です。

テスト走行を行ってみると、ステアリングセンターも綺麗に出ており直進性も良かったのでOKとし、オーナーのSさんにお引渡しです。

サーキット走行に於いて、自分の希望される状態にするためのスプリング交換ですが、今まで何度となく作業依頼がありました。
一回で決まることなどありませんから、その労力は大変だろうと思います。






中田自動車 Nakada Automobiles japan

〒939-0321
富山県射水市浄土寺104-14

TEL 0766-57-8701 / FAX 0766-57-8702
H / P : http://www.nakada-auto.com/
posted by アムロジン at 19:23| Comment(0) | アライメント

2022年07月28日

アトラス(SZ5F24) アライメント

220728-1.JPG

自動車整備の O 自動車さんより、日産 アトラス(SZ5F24)の左フロントタイヤ部事故修理後のアライメント調整依頼がありました。

トラックではありますが、4ナンバーの小型車枠なのと、フロントがダブルウイッシュボーン形状のロアアーム側でキャンバー&キャスター調整が出来ますから、問題なく作業が出来ます。

お預かりした状態でフロントトーインが過大であったため確認走行は出来ず、測定から行っています。
左フロント部の修理でナックル交換まで行われたそうですが、トーインが過大であった割にキャスターとキャンバーは基準値に近く、右フロント側の方が大きなトーインに加えキャスター&キャンバーのズレが目立ちます。

最初にフロントトーをゼロにしてからキャスター&キャンバーの再測定を行い、再確認するとやはり右フロントの方が大きくズレていました。
そこで右フロントのキャスターとキャンバーを左フロントに合うように調整してみると、キャスター調整が限界となり、キャンバー調整でキャスターの補正を行って何とかギリギリで希望する値まで届きました。
その後左フロントを右フロントに合わせて調整し、トーを最後に合わせて作業終了です。

作業後のテスト走行を行ってみると、平坦路での直進性が良く、旋回する際の左右の違和感も感じられなかったので、これでOKとしました。

外観はトラックですが、フロントサスペンションの作りがスポーツカーと同様なので、調整することの差異はありませんでした。

これで O 自動車さんにお渡し致します。






中田自動車 Nakada Automobiles japan

〒939-0321
富山県射水市浄土寺104-14

TEL 0766-57-8701 / FAX 0766-57-8702
H / P : http://www.nakada-auto.com/
posted by アムロジン at 19:17| Comment(0) | アライメント

2022年07月20日

ギャランフォルティス アライメント

220720-1.JPG

昨日ブレーキメインテナンスを行ったギャランフォルティススポーツバックラリーアート(CX4A)のアライメント調整です。
オーナーのMさんより旋回性を良くしてほしいとのご希望がありましたので、その方向での調整を行います。
確認走行は昨日のうちに済ませていますので測定を行ってみたところ、前回2年前に調整した状態からかなりのズレがありました。
2年で約43,000km走行されていらっしゃるので、ズレが生じてもおかしくはありません。

フロントキャンバーの左右差を調整、リヤトーの左右差も調整、フロントトーを調整して作業終了。
文章で書けばあっというまですが、実際はフロントキャンバーとリヤトーの調整部分が錆による固着があり、動くようになるまでかなりの時間を要しました。

調整後のテスト走行を行ってみると、確認走行の時よりも直進性の向上と共に旋回性が良くなっており、Mさんのご希望に近いのではないかと思われましたので、この状態で納車とさせて頂きました。

ブレーキ関連が新品でリヤ効きのセッティングになっていますので、ワインディング等で楽しく走れそうですね。






中田自動車 Nakada Automobiles japan

〒939-0321
富山県射水市浄土寺104-14

TEL 0766-57-8701 / FAX 0766-57-8702
H / P : http://www.nakada-auto.com/
posted by アムロジン at 19:43| Comment(0) | アライメント

2022年07月11日

センサー 検証

220711-4.JPG
左前輪センサー

内臓バッテリーの電圧低下警告灯が点灯した左前輪センサーで、個別に充電を行なったあとのバッテリー電圧低下の症状が発生するのか検証してみました。

本日アライメント作業を行なった86に於いて、作業の最後まで警告灯の点灯は発生せず、その後暫く電源をONにしたままでバッテリーを消費させてみても、警告灯は点灯しませんでした。



220711-5.JPG
左後輪センサー

ブログに掲載していませんが、左後輪センサーの内臓バッテリーも個別に充電を行なっており、左後輪センサーも同様に検証しましたが、左前輪同様に警告灯は点灯しませんでした。

現在のバッテリーの状態であれば、左側前後のセンサーは大丈夫だと思われますので、残り右側前後センサーのバッテリーも個別に充電を行います。






中田自動車 Nakada Automobiles japan

〒939-0321
富山県射水市浄土寺104-14

TEL 0766-57-8701 / FAX 0766-57-8702
H / P : http://www.nakada-auto.com/
posted by アムロジン at 23:06| Comment(0) | アライメント

86(ZN6) アライメント

220711-1.JPG

86に乗られるSさんより、アライメント調整依頼がありました。
サーキット走行に於いてアクシデントが発生したため、アライメント測定&調整となりました。

今回の調整にあたり、フロントトーのみ指定の数値を決められ、それ以外は前回の調整値になるようにとのご希望でした。

測定を開始すると、フロントトーの数値が前回と比較してズレていたため指定の数値に合わせ、その他に関しては微調整で済みました。

調整後のテスト走行を行うと直進性も良く、ステアリングを切った際のレスポンスも良かったので、これで終了としました。

今後再びサーキット走行を行なわれる予定だそうです。






中田自動車 Nakada Automobiles japan

〒939-0321
富山県射水市浄土寺104-14

TEL 0766-57-8701 / FAX 0766-57-8702
H / P : http://www.nakada-auto.com/
posted by アムロジン at 23:05| Comment(0) | アライメント

2022年07月06日

センサーのメインテナンス

220706-1.JPG
アライメント調整作業に於いてホイールに装着するセンサーはバッテリーが内蔵され、テスター本体と無線によるコードレス通信を行っています。
最近になって作業中にバッテリー電圧低下の警告灯が左前輪用センサーに点灯するようになったため、バッテリーの容量低下と判断し、アライメントテスターのメーカーにバッテリーの価格を確認しました。
すると返ってきた値段は、ン万円という超ビックリ価格でした。

そこでバッテリーを取り外してバッテリー本体を確認してみたところ、バッテリーケースにニッケル水素バッテリーが6本入っているだけのものでした。



220706-2.JPG

220706-3.JPG
これならばラジコンで使用している充電器を使って回復させられると考えて充電することに。
それぞれの電圧を測定するとバラバラな状態で、容量もバラバラです。
そこで最初に6本の状態で充電すると606mA充電でき、その後1本ずつ充電を行ってみると、
@ 333 mA
A 211 mA
B 221 mA
C 299 mA
D 270 mA
E 172 mA
と追加で入り、6本共満充電出来ました。

これでセンサー本体にバッテリーを戻し、次回のアライメント作業で警告灯が点かなければ大丈夫でしょう。

再度バッテリー電圧低下警告灯が点灯するようであれば、市販のニッケル水素バッテリーを購入し、交換するだけで済むはずです。

残り3台のセンサーのバッテリーも同様に再充電しなければならないかも?






中田自動車 Nakada Automobiles japan

〒939-0321
富山県射水市浄土寺104-14

TEL 0766-57-8701 / FAX 0766-57-8702
H / P : http://www.nakada-auto.com/
posted by アムロジン at 18:53| Comment(0) | アライメント

2022年07月01日

サンバートラック(TT2) アライメント

220630-1.JPG
スバル サンバー トラックに乗られるIさんより、アライメント調整依頼がありました。
フロントトー調整を行うためのタイロッドが固着し調整が出来なくなった為、タイロッド交換を含む作業と、リヤトー調整を行うためのトー調整ボルトも固着気味ということで、それぞれの部品交換を含めたご依頼となりました。
加えて走行中に上下に細かく揺れる現象があるそうなので、そちらの確認と点検も行います。

確認走行を行ってみると直進時に何となく真っすぐ走っていない感覚があり、それでも不安定とまでは言えない不思議な状態です。



220630-2.JPG

まずタイロッド交換を行ないましたが、交換するのは左側なので取り外した元のタイロッドの長さを測定し、取り替えるタイロッドの長さを同一にして車両に取り付けました。

この状態から各ホイールにセンサーを装着してアライメント測定を行ってみたところ、確認走行で感じた症状の原因となる数値が出ました。
真っすぐ走っていない原因として、スラストラインがズレて斜め左に向かって走行しておりフロントトーアウトも過大な状態でした、

過大なフロントトーアウトをゼロに調整したあとリヤトー調整ボルトを左右とも新品に交換し、リヤトー調整を行ったあとにフロントトー調整を行って作業終了です。

調整後のテスト走行を行うと、最初に感じられた不思議な感覚は消えて真っすぐ走るようになりました。
また安定した走りとなり、路面への追従性も良くなっているように感じられます。

走行中に上下に細かく揺れる現象について、60km/hを超えたあたりで振動が感じられましたので、ホイールバランスを測定しました。

右フロントホイールから測定したところ、アウター40g、インナー30gのアンバランスが表示されたので、0gになるよう調整。
左フロントホイールを測定すると、こちらもアウター40g、インナー30gのアンバランスがあったため、0gに調整。




220630-3.JPG

220630-4.JPG
右リヤホイールを測定したところ、アウター側に70g 
インナー側に35gのアンバランスがありました。

220630-5.JPG
このようにアウター側に90gのバランスウエイトが貼ってあり、この反対側に70gのアンバランスが表示されたため、全てのバランスウエイトを取り外し、バランス再測定後に0gになるよう調整しています。

残り左リヤホイールはアウター40g、インナー30gのアンバランスが表示されたので、0gになるよう調整。

以前ホイールバランスを調整されたお店のホイールバランサーの較正が取れていなかったようですね。

調整後にテスト走行を行うと、60km/hを超えても振動は感じられませんでしたので、大丈夫でしょう。

これでオーナーのIさんに納車させて頂きました。






中田自動車 Nakada Automobiles japan

〒939-0321
富山県射水市浄土寺104-14

TEL 0766-57-8701 / FAX 0766-57-8702
H / P : http://www.nakada-auto.com/
posted by アムロジン at 19:31| Comment(0) | アライメント

2022年06月28日

ランサーエボリューションX アライメント

220628-1.JPG

昨日スピリットレーシング車高調を取り付けたランサーエボリューションX(CZ4A)のアライメント調整です。
調整内容は、サーキット走行を含むワインディング走行を楽しく走れるようにとのご希望でした。

確認走行は不要なので測定から行い、フロントキャンバー、リヤキャンバーをネガティブ方向に調整し、フロントトーとリヤトーは旋回性能重視で調整します。

昨日フロントダンパー取付時に行ったタイヤと車高調との接触防止対策もうまくいき、思った通りの数値に合わせられました。

調整後のテスト走行を行ったところ、コーナリングが楽しくなるような旋回性でありながら、直進性もしっかりと確保されています。

これでオーナーのIさんに納車させて頂きます。



220628-4.jpg

今回スピリットレーシング車高調の取付けとアライメント調整を行うのにあたり、愛知県からお越し頂きました。
おみやげまで頂き、ありがとうございました。
今度ミニツーリングで一緒に走りましょうね。






中田自動車 Nakada Automobiles japan

〒939-0321
富山県射水市浄土寺104-14

TEL 0766-57-8701 / FAX 0766-57-8702
H / P : http://www.nakada-auto.com/
posted by アムロジン at 18:52| Comment(0) | アライメント

2022年06月21日

スバルXV(GT3) アライメント

220621-1.JPG

スバルXV(GT3)に乗られるMさんよりアライメント調整依頼がありました。
昨年5月と10月にアライメント調整を弊社にて行っている車両で、今回も定期のご依頼となりました。

弊社までの走行で特に違和感を感じることはなかったそうですが、測定した数値を確認されたあとに調整を行うかどうかの判断をされるという事でした。

測定を行ってみると、昨年10月の状態に対してフロントトーで0°02′、リヤトーで0°04′の差がありました。
通常この差であれば調整を行うことは少ないのですが、Mさんの判断で昨年10月の状態と同じにしてほしいとのご希望があり、調整を行いました。
キャンバーは左右差がほとんど無かったため、調整は行っていません。


220621-2.JPG

左リヤトー調整ボルト.カムワッシャ.ナットを新品に交換してトー調整しています。


220621-3.JPG

右リヤトー調整ボルト.カムワッシャ.ナットを新品に交換してトー調整しています。

これでフロントトーもリヤトーも昨年10月の時と同じになりましたので、作業終了です。

調整後のテスト走行を行い微調整の必要もなかったので、Mさんに確認走行を行って頂きました。
戻ってこられてからお話を聞いてみると、トー調整を行ったことで変化があり、以前の状態に戻ったそうです。

フロントトーで0°02′、リヤトーで0°04′という小さなズレですが、オーナーのMさんによれば、とても大きな変化に感じられたそうです。

普段から乗っていらっしゃるオーナーであるからこそ感じられる差なのかもしれませんね。


今回暑い季節ということで飲み物の差入を頂きました。
体調管理を考え、このようなお心遣いは喜んでお受けいたします。
ありがとうございました。






中田自動車 Nakada Automobiles japan

〒939-0321
富山県射水市浄土寺104-14

TEL 0766-57-8701 / FAX 0766-57-8702
H / P : http://www.nakada-auto.com/
posted by アムロジン at 19:12| Comment(0) | アライメント